緑の森クラブについて

緑の森クラブとは

父母と指導員が一体となって子どもたちが学校とは異なった集団生活を体験し、おもいやりを育み、健全な成長ができるように生活をする学童です。

 

森のクラブ概要

名称 1982年鳴海東部小学校学童保育クラブ誕生
2003年 小坂なるとう学童保育緑の森クラブに名称変更
所在地 名古屋市緑区小坂1丁目408番地
TEL/FAX 052-877-6809
運営組織 運営委員会(児童委員、区制協力委員、PTAの役員、子供会の会長など)
役員会(父母の有志によって結成)
父母の会(月に一度の会議、全ての父母が参加)
入所対象 小学校1年生から6年生の児童
年間行事 父母総会、キャンプ、キックベース大会、親子まつり、合同運動会、ヤットコサッカー大会、忘年会、ゲーム大会、環境整備など
学童行事では人とのふれあいを通じて仲間と楽しむおもしろさ、人のあたたかさを感じてほしいと思います。
保育時間 月曜日から金曜日は下校後~19時35分まで
土曜日は8時から18時35分まで
休日 日曜日、祝日、夏季閉所(8月13日~8月15日)、年末年始閉所(12月28日~1月3日)
保育料 入会金 10,000円
低学年(1年~3年)18,000円
高学年(1年~6年)15,000円
おやつ教材費 2,000円
減免制度(一人親家庭、第2子以降減免)/特別減免有り)

運営理念

≪大人も子どもも たくさん楽しく経験し 共に成長していこう≫

学童は働く親を持つ子どもたちの毎日の生活の場なので健康や安全の管理など養護も含めた基本的な生活は保障され、あわせて子どもの成長段階に見合った指導・援助が行われ、はじめてその役割を果たすことができます。

したがって緑の森クラブは父母と指導員がいろいろな行事や父母会・役員会などでコミュニケーションをとり、しっかり協力しています。

なにより子どもたちがより充実した楽しい学童生活を送れるようにがんばります。

保育

緑の森の子どもたちは…

  • 集団
    1. 互いに助け合い、励ましあう集団
    2. 力を合わせて生活をより良く楽しくしようとする集団
  • めざしたい子どものあり方
    1. 自分のことが自分でできる子
    2. 自分の意見をはっきり言い、相手の意見も聞ける子
    3. いろいろなことに興味がもてる子
    4. 困難に立ち向かう子
    5. 思いやりのある子
    6. 感性豊かな子
    7. 心や物を大切にする子

こんなふうに成長していもらいたいです。

このように子どもたちが学の生活や活動を通じて集団生活や思い切り遊ぶことができ、思いやりのある子どもに育つように保育してくれる人は指導員さんです。指導員がより良い保育ができるように働く環境を整備・改善していくのも緑の森クラブの父母の務めと思っています。その働きの上で指導員の育成と質の高い人材の確保にも力を注いでいきたいと思います。

保育体制

専任指導員を中心に平日は4〜5人体制で子どもたちの保育を行なっています。

集団生活の指導も行いますが、子どもたちの好みや体調にあわせ、室内あそび・グラウンドでの遊び等、それぞれに指導員がつき見守っています。

地域

緑の森クラブを運営していくことに対して地域の協力がないと活動できません。そのため鳴海東部小学校や小坂小学校、運営委員や地域全体の人たちと良好な関係を維持していく事が重要です。そこで私たちは学童全体の活動の中で社会貢献できるように努力し、地域との信頼関係を築いています。また緑区の北ブロックの6学童間で保育や運営についての情報を意見交換してお互いの学童が発展するように協力し助け合っています。


Copyright © 2013 小坂なるとう学童保育 All Rights Reserved.